今回探すキーワードは悩みキーワードです。

多くのアフィリ塾では商標キーワードとアイテムキーワードを狙いましょうと教えています。

実際その方が少ないアクセスで売れますし稼げます。

ただライバルが強くて上位表示が難しいキーワードが多いです。

そこで、悩みキーワード・口語キーワード・入口キーワードと呼ばれるライバルが少ないキーワードを狙う方法をご紹介します。

ライバルが弱い理由はやってみないと売れるかわからないからです。
みんな時間とお金を使って売れるかわからないキーワードなんてやりたくないです。

しかも悩みキーワードは文章をしっかり書かないと売れないので、リサーチや文章作成が大変です。
みんな面倒な事をするのが嫌いなので、商標とアイテムに行くんです。

だからこそ初心者はひと手間かけて悩みキーワードを攻めた方が楽に上表示できますし、結果的に売れるサイトになった場合長く稼げる可能性が高いです。

悩みキーワードの探し方

1.サジェストツールを利用

ビックキーワードのサジェストから広げる。

キーワードツールに売りたいジャンルのビッグキーワードを入れる。

ダイエット商品ならダイエットと打ち込む。
脱毛サロンなら脱毛サロンと打ち込む。

複合キーワードから口語・入口キーワード・悩みキーワードを見つける。

その悩みキーワードをサジェストに入れてもう一度見る。

その複合キーワードで売れそうなキーワードを探してライバルチェックをする。

2.公式サイトのLPを利用

売りたい商品の公式サイトのLPからキーワードを拾って知恵袋で需要を調べる

ファーストビュー
お客様の声
良くある質問

を読んでキーワードを拾う。

拾うキーワードは悩み。

拾った悩みをヤフー知恵袋に入れてみて質問者が多ければ需要あり。

需要があるようならライバルチェックをして参入可否を決める

3.ターゲットのペルソナを作る

売りたい商品を買うであろうターゲットのパターンを調べます。

公式サイトのLPに誰のどんな悩みを解決する商品か書いてあります。

誰のどんな悩みを解決できる?というパターンは一つではないので、複数の人物像の悩みを解決すると考えるとキーワードも複数見つかります。

1~3の方法で見つかったキーワードをallintitle:で検索して200件以下で、上位サイトがショボかったら参入します。