バカラの複利運用はデメリットが多い

こんにちわ。
たっちょです。

バカラのコツを掴み
勝てるようになった。

軌道に乗せたら
次にやる事は
複利運用です。

毎月初期BET金額を
2倍にして行けば
資金は倍々ゲームで増加。

コレで俺は金持ちになれる!

そんな幻想さえ抱きます。

しかし、現実は厳しいモノで
必ず「未曽有の危機」が訪れます。

ロジックの正反対に動く日が存在する

自分が過去に1度経験しているのですが

「3日間連続でロジックの正反対に動く」

こういう日が実際必ず来ます。

延々と賭けた目の逆が出ます。

「13連敗⇒10連敗」

普通に-22p。
マーチンしてたら
連続バースト。

半年もやれば一度は経験するでしょう。

別に損切すればいいでしょう?
そう思うかもしれませんが

このタイミングが悪く
初期BET金額を2倍に上げた日に
来るケースがあります。

そうなると前日までの2倍負けます。

2倍負けが3日続くと
資金はかなり圧迫され
精神的に参ります。

その状態でプレイすると
負けやすくなります。

3日連続損切ならまだマシですが
前日までの2倍のBET金額で7日連続負け。

ココまで来ると、資金も減るし
この状況自体が初体験で
対処方法もわからなくなります。

マーチンが深いロジックなら
さらに精神的に追い詰めら
バースト祭りになる事も。

気が付くと、資金は半分以下になり
初期BET金額を元に戻すしか無くなる。

自分はそういう経験をしました。

複利運用は出金できない

複利運用の最大のデメリットは
「出金ができない」

毎月お金が欲しいのに
利益の複利運用をしいては
いつまでもタダ働きです。

まとめ

BETは欲しい金額へ固定がベスト

倍々ゲームの複利運用は簡単に見えて
実は非常に難易度が高いです。

「初期BET金額が一定の方が収支は安定する」

コレは間違いないです。

欲しい月収分をカジノ残高として固定。

毎月バカラ利益は全額出金。
残高は毎月欲しい金額で固定。

コノ繰り返しが確実に利益を取りやすいです。

例えば、月10万円欲しいなら
初期BET金額は

マーチン5のロジックで100円
マーチン1のロジックで500円

必要資金は10万円あれば十分です。

今回は、複利運用についてのお話でした。