自分に合うバカラロジックを発見する方法

バカラロジックは色々あります。

順張り×パーレー
逆張りマーチン
それ以外の特殊ロジック×マーチン

など

どれも期待値は長期的には収益が出るため、有料で販売されているのですが、普通に使うと多くの方が損失を出し破産退場となります。

バカラロジックは期待外れなモノしかない

自分は既にロジックは期待外れなモノしかない事を経験から理解しています。

勝てると言われているロジックを使い、多くの方が負けている姿をコンサルや塾内で見てきています。

ロジックは使い方次第ではむしろ逆に負けやすくなる諸刃の剣なのです。

お金を出してロジックを購入し

より負けやすい手法に必死で取り組み破産

こういう方は非常に多いです。

そうなる理由ですが、バカラのBETポイントは面白い事に、人によりズレが生じるのです。

同じ説明を読んだとしても、胆力が弱い人はマーチン4~5あたりでひよって賭けられなくなり、悩んだ挙句変なところでBETしてバーストします。

胆力が強い人は、エイ!と大事な場面でマーチン4~5をズバズバ賭けて勝ち切ったりします。

その差は、ロジック販売者は全く考慮していません。

しかし、この差はかなり大きくて、ロジックが合っている人は勝ちまくり、合わない人は収支が正反対になり負けまくるのです。

自分に合わないロジックを掴んでしまうと、その後は負けるだけの日々が続きますので、最悪です。

そうならない方法をご紹介します。

過去の勝敗データーを分析し、合うロジックを見つける

バカラで勝つには合うロジックが一つあれば十分です。

何個も必要ないです。

自分に合う運用しやすいロジックを一つだけ見つければ、それで勝てるようになります。

多くの人は、この事実を知りません。

そのため、「勝てない=ロジックが悪い」と判断し、次々ロジックを購入しノウハウコレクターになります。

そして、資金が尽きたら、ギャンブルだから勝てないんだ!ともっともらしい事を言い退場します。

バカラロジックが秀逸でも多くの人がカジノで勝てない理由

そうならないための手法を解説します。

ロジックをテストする方法

1.1000回プレイする
2.勝敗データーから最大連敗・連勝数を確認する。
3.連敗・連勝継続率を確認する。
4.100戦の「最大連敗数5以上」が出る確率を確認する。

「連敗継続率が低い・100戦の最大連敗数5以上出現率が低い」⇒深いマーチン4~5回のロジック向き

「連勝継続率が高く、連敗継続率も高い、100戦の最大連敗数5以上出現率が高い」⇒フラットベット~マーチン1回

この流れで実践します。

自分の場合ですが、明らかに5連敗以上が多く、負けだすと6~13連敗が普通に来ます。そのため、マーチン3~5のロジックはバーストしまくり収支が出せません。

その反面、連勝数も非常に多く勝率は高いという結果が出たので、フラットベット~マーチン1回で運用する逆張りロジックが合うだろう?と仮説を立てました。

逆張りのフラットベットはコンサルの先生も非推奨でしたが、いざ実践してみると、収支が非常に安定して確実に勝てるようになりました。

このように、自分の勝敗データーを分析する事で、マーチンが深いロジックが合うのか?浅いロジックが合うのか?順張りが合うのか?などが見えてきます。

「連敗継続数は少ないが連敗は良くする」

「連敗率は低いが、負けだすと連敗継続率が高い」

バカラは勝率50%位でロジック入れても55%~60%程度に収まります。

同じ負けでも、負け方が重要で、勝率が高いけど負けだすと大連敗しまくる人は深いマーチンのロジックでは勝てません。

逆に、良く負けるし勝率は低いけど、連続で負けない人は、マーチンが深いロジックにぴったりです。

この辺りを実際のプレイデーターから検証して、自分に合うロジックがわかるようになると、プレイにブレがなくなりバカラの収支が安定してきます。